Freada 秋の新作が8月14日(土)より発売開始


Freada
2021 FALL & WINTER



Freada秋の新作が8月14日(土)より発売開始です。

2021FWはエキゾチックなムードと、カジュアルなアイテムが混在します。
着たいものや叶えたい格好は、気分でころころ変わるもの。
刺繍のたっぷりはいったエスニックなワンピースを着たい日もあれば、スウェットにデニムでカジュアルダウンしたい日もあります。
それらエスニックとカジュアルをミックスして着るのも、ここ数年Freadaの定番です。

こんなご時世ですが、着るものだけは自由です。
秋のはじまる予感をお楽しみください。




Freada_ct1.jpg

前回ご好評いただいたスウェットの新色。
ミチョアカンはメキシコの州。ミチョアカンのラグビーチームをイメージしています。 キッズの古着のスウェットを着ると、引っ張られて首がボートネックになるのを気に入っていたディレクター小笠原の体験をもとに、ボートネック気味の仕様です。
サーマルがしたから覗く設計も、大事なポイントです。


スウェットプルオーバー
¥15,180(tax in)





Freada_ct2.jpg

Freadaらしい赤と墨黒2色展開の刺繍ワンピース。
柔らかさと落ち感のある生地を使用しているため、エスニックな印象の刺繍ですが、野暮ったさがなく着ることができます。 サイドのスリットが深いので、気温が高い時期からでも涼し気な印象です。



エスニック刺繍ワンピース
¥14,080(tax in)





Freada_ct3.jpg

今秋はミニ丈の気分です。ロングブーツと相性抜群ですが、デニムや軍パンなどを履いても素敵です。
同色の刺繍がふんだんにはいっています。オリジナルの柄を4つおこし、交互に配置しています。
Freadaには珍しいやや甘めのデザインですが、袖を細くし、衿ぐりを詰めることによってカジュアル感を演出しています。



パッチワーク刺繍ミニワンピース
¥17,380(tax in)





Freada_shusei.jpg


今秋1番のおすすめがこちら。総シフリー刺繍のワンピース。
シフリ―機という大きな刺繍機で生地全体に刺繍するため、ダイナミックな柄が可能です。
ひじと裾に挟んだレースがポイント。レース部分が透けるとても凝ったデザインです。
レースも釦も一から作り、Freadaらしいレトロな印象に仕上がりました。



カットワーク刺繍ワンピース
¥15,180(tax in)





Freada_ct5.jpg

胸部分のキルティングや太いカフスなど、一見シンプルなシャツですが、細部に凝っている一品です。
Freadaらしいスラブ感がある綿の生地で、品のあるデザインにカジュアル感を足しています。
お尻の隠れる長めの丈は、パンツスタイルがバランスを取りやすいです。



キルティング刺繍シャツ
¥14,080(tax in)








また、FREAK'S STORE長野店と岡山店にて、Freadaのイベントを開催いたします。こちらの記事もぜひ。





Instagram
@freada_official




Feature Archives