UPDATE : 2024.05.29

Articles

7

#FASHION

「Tシャツ・ベスト・ナイン」vol.7 柴田ひかり

Photo:Shinsuke Sato
Text:Momoka Oba
Edit:Momoka Oba,Taiyo Nagashima

好きなバンドや映画、アニメキャラクターをモチーフにした1枚や、名デザイナーがシルエットにこだわり抜いた美しい1枚。私たちがふだん何気なく着ているTシャツには、選ぶ人の個性がにじみ出ている気がする。「お気に入りのTシャツを教えて!」と持ってきてもらったとっておきの9枚から、その人らしさを探ります。

 

第7回のゲストは、モデルやフォトグラファーとして活躍する柴田ひかりさん。「新品ピカピカのTシャツより少しくたびれている方が好きで、自ずと古着が増えました。面白いグラフィックを見つけるとつい買っちゃいます。365日中363日くらいはパンツを履いているので、Tシャツもパンツとコーディネートすることがほとんど。特にデニムが多いです」と話す彼女の、ベストナインをご覧あれ。

2019年に〈Supreme〉が発売した、The Velvet UndergroundのTシャツです。「After Hours」という曲が大好きで高校時代にずっと聴いていたので、このコラボが発表された時はかなり意気込んで買いに行きました。グラフィックはもちろん、色が可愛くてお気に入り。本当はSサイズが欲しかったのですが、人気すぎて手に入らず、ちょっと大きいけどMサイズを着ています。

18歳の時に、初めて一人でニューヨークへ行きました。向こうでは〈The Good Company〉というブランドで働く友達に街を案内してもらったのですが、これはその〈The Good Company〉の隣にある「PETEE’S PIE」というパイ屋さんのグッズです。グラフィックは〈The Good Company〉が担当していて、デザインが好きなだけでなく、その時の思い出もたくさん詰まっています。

古着で買ったんですが、いったい何のグラフィックなのかはわかりません(笑)。バックプリントにVideo Serverって書いてあって、ビデオを操るような人間がいて……。不思議で面白いなと思って買いました。首元がけっこう詰まっているから、スウェットやフーディーの中に着るのにぴったりで。インナーTシャツとしてはこれが1位です!

サッカーがテーマのセレクトショップ「BENE」のポップアップで見つけました。実はサッカーにはそこまで詳しくないのですが、友達が言うには、この年のワールドカップは凄かったって(笑)。古着は“グラフィックを取るかシルエットを取るか”ってなってしまいがちだけど、これは珍しく両方ハマった一枚。海外のストリートブランドが作りそうな、スポーツ感があまり強くないデザインがいいなって。

2年前に仕事で初めてロサンゼルスへ行った時に、たまたまKendrick Lamarのツアーが行われているタイミングで。これは行くしかない!ってマネージャーさんと一緒に行きました。ライブも素晴らしく、人生で一番ってくらい最高だったんです。ここまで日常的に着られるデザインのツアーTってなかなかないですよね。形も好きで、首元がよれちゃうくらいたくさん着ています。

LAでは「194 Local.」っていうロンドン発の古着店にも行きました。お店のファンだったので、行ったからには何か買いたくて。LAのポーズがプリントされたカリフォルニア発の〈STUSSY〉のTシャツを見つけて、これは買うしかない!と思って手に入れました。

友達がやっている音楽グループ・CreativeDrugStoreのTシャツ。10年くらい前にもらったものです。私の大学時代を振り返ると、学校での思い出より外での思い出の方が多くて。これはその当時を思い出す一枚です。昔はよく着ていたけれど、最近はもったいなくてあまり着られてないですね。ちょっと上の位置にロゴがあるから、フーディーの中に着るとチラッと見えて可愛いんです。

古着屋で一目惚れして手に入れた一枚です。なんとも言えない色味が可愛いし、ジミ・ヘンドリクスの絵の部分だけベロア素材になっているんですよ。かなり大きめサイズで身幅も広いので、コンパクトなボトムスと合わせることが多いです。

1989年のオリンピックをモチーフにした、切手風の競技イラストがプリントされたTシャツ。80年代っぽい色味に惹かれて買いました。なんとも言えないイラストで、おしゃれかどうかギリギリのラインですよね(笑)。こういう攻めたデザインは現行のアイテムだとなかなかないので、たまに着たくなります。

PROFILE

  • 柴田ひかり

    1997年、神奈川県生まれ。独自のファッションセンスやライフスタイルをInstagramやYouTubeで発信し、注目を集めている。フォトグラファーとしての一面も併せ持ち、これまでに数回写真展を開催。最近はブランドとのコラボのほか、自身でアパレルの制作も行っている。

  • NEWLY

    NEWLY

    NEWLY

  • NEWLY

    NEWLY

    NEWLY

  • RECOMMEND

    RECOMMEND

  • RECOMMEND

    RECOMMEND