UPDATE : 2024.06.04

Articles

56

#FASHION

GREENROOM FESTIVAL 2024にフリークス ストアが登場、来場者スナップも。

Photo:Hikaru Morita

Edit:FREAK MAG.

Save The Beach , Save The Oceanをコンセプトに持つ、MUSICとARTのカルチャーフェスティバル、GREENROOM FESTIVALが横浜赤レンガ倉庫にて5月25日(土)・26日(日)の二日間開催された。

 

5月最後の週末、過ごしやすい気候と潮風に誘われ各地からオーディエンスが続々と集結した。FREAK’S STOREもJonas Claessonを筆頭に人気ブランドの最新アイテムをブースにギュッと詰め込み出店。今回は、熱気に包まれた会場の模様、来場者スナップを是非ご覧あれ。

会場限定フレームでの記念撮影も。

今回のメイントピック、JONAS CLAESSON×FREAK’S STOREのコラボレーションアイテム。スタッフも皆、Tシャツを着用していた。

ハズレ無しガラポンも大盛況。

FREAK’S STOREが考える音の楽しみ方

フェス会場では普段聞かない大音量で音楽が流れており、それが醍醐味ではある一方、耳には音によるダメージがかかっていることをご存じでしょうか。

 

特に子どもたちの耳への影響が大きく、難聴になるリスクがあるにも関わらず異変に気付くことも難しい…そんな中FREAK’S STOREと「日本ミュージックフェスティバル協会」が考えたイヤーマフをGREENROOM FESTIVALでは無料で貸し出ししていました。

 

元々フェス協会が推奨していたイヤーマフですが、FREAK’S STOREらしくポップで可愛いコラボレーションモデルを、2022年より様々なフェスで展開しています。GREENROOM FESTIVAL以外にも、今年開催される幾つかのフェスでもコラボレーションのイヤーマフを無料貸し出し予定。ブースを見かけたら、是非お立ち寄りを!

爽やかなピンクは今年からできた新カラー。

「日本ミュージックフェスティバル協会」との取り組みを冊子にした「FREAK」もブースにて配布。

ここからは当日の来場者スナップをお届け。フェスシーズンの幕開けを飾る、多種多様なスタイリングにご注目。

(左)サヤカさん・(右)マリノさん

都会的なコーディネートも、GREENROOM FESTIVALならでは。2人ともドクターマーチンのブーツに、サヤカさんはCELINE、マリノさんはMax Maraのサングラスとファッショナブルなブランド&アイテムをチョイス。

(右)ヤマコシさん

Nordiskのベストに、インナーに忍ばせたキャッチーなTシャツはMaison MargielaとKappaのブートTシャツ。パンツはスウェーデン軍のUSED、キャップはKiUとFREAK’S STOREの別注アイテム。

須藤さんファミリー

ひときわオシャレなファミリー、須藤さん一家をスナップ。ママとキッズおそろいのトップスはTODAYFUL。お子さん用にFREAK’S STOREと日本ミュージックフェスティバル協会との取り組みである「音楽FREAK」のイヤーマフをレンタル。

(左)柴田アルベルト将吾さん・(中)Satomi Biancaさん・(右)阿部 雄一さん

FREAK’S STOREの出店ブースでもひと際目立っていた柴田さん、阿部さん。2人ともJONAS CLAESSON×FREAK’S STOREのTシャツに、オリジナルのショーツでスタイリング。Satomiさんはトップス・ボトムスともにZARA、シューズはDr.Martens。シンプルなスタイルながら、スカーフのこなしで周りと差別化を。

(左)青島 雄一朗さん

青島さんはトップス、ボトムス、ハット全てRajabrookeでまとめ、足元はMIZUNOのWave Prophecy Mocを。2人ともY3Kトレンドとフェス要素をミックスしたスタイル。

(左)小林 優さん・(右)洌崎 真里奈さん

共に今回が2回目の参加という、FREAK’S STOREバイヤーの小林さん・洌崎さん。小林さんは古着のトップスにFREAK’S STOREのデニムでスタイリング。洌崎さんはMatin KimのトップスにHOLIDAYのボトムス。2人ともアイウェアは今話題沸騰中のGENTLE MONSTER。

クシダさん

Supremeのシャツに、Levi’sのデニム、Timberlandのブーツでスタイリング。ストリートスタイルをベースに動きやすさを意識しつつスタイリング。今回のお目当てはAwich。GREENROOM FESTIVALは今年で3回目。

石井 励さん

今回初参戦のFREAK’S STORE 渋谷スタッフの石井さん。トップス・ボトムスはともにUSED。BIRKENSTOCKのシューズに、A.D.S.R.のアイウェア。ユーズドアイテムを程よくクリーンに。

 

板井 光太さん

地元横浜のフェスということで毎年参戦している、FREAK’S STORE 渋谷スタッフの板井さん。音楽レーベル髙田音楽制作事務所とEvisen Skateboardsのコラボパンツに、NOROLLのハット・シューズでスタイリング。

(左)半谷 鮎香さん・(右)伊良部 こゆきさん

派手な色と柄使いが光る、フェスガール2人組をスナップ。熟練者のようなスタイリングながらも、お2人とも今回が初参戦。両者ともに古着のトップスを着用し、足元は動きやすいNIKE・VANSのスニーカー。

駒中 瞳さん

FREAK’S STORE オンラインスタッフの駒中さん。FREAK’S STOREオリジナルのデニムパンツに、シューズはNIKE。アイウェアはAKILA。

稲熊 祐太さん

FREA’S STORE の稲熊さんは、Tシャツ・デニムパンツはそれぞれ自身が企画したMR.HEARTSのアイテムでスタイリング。ESのスニーカーに、AKILAのアイウェアがアクセントに。

(左)MIKIさん・(右)AZUSAさん

AZUSAさんが着用している、目を引くオレンジのセットアップはkiira。お2人が被っていたハットはどちらもmarihojaのもので、MIKIさんはボトム・バッグともに同ブランドのものでスタイリング。

ヤマザキユウサクさん

FUTURE ARCHIVEのメッシュパーカーに、Levi’sのデニムパンツ、アイウェアはiCON。今回が初参戦のヤマザキさんは、SUPER BEAVERに注目。

INFORMATION

  • NEWLY

    NEWLY

    NEWLY

  • NEWLY

    NEWLY

    NEWLY

  • RECOMMEND

    RECOMMEND

  • RECOMMEND

    RECOMMEND